REIWA

~『5月、下地工事徐々に進む』~


2019年5月、時代は平成から「令和」に変わった。

N-Vacation styleの現場も解体工事から下地工事へと工程は進んでいった。


床下の調湿に炭を敷き詰めていく。

更に炭は臭いやカビにも効果を発揮する。

しばらくの間、空き家になっていたこの建物にはちょうど良い。



床板を支える根太の間に断熱材が入った。





ゆっくりと、着実にN-Vacation styleは作られていく。




平成最後の開花した桜。

2019年4月 N-Vacation style入口にて



N-Vacation Style

奥久慈の自然豊かな大子町に誕生する「N-Vacation Style」「Nプロジェクト第三弾」は空き家再生!完全自由設計の注文住宅メーカーNe Plus 株式会社がお届けするスペシャルサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000